top of page

オススメの複業マッチングサービス5選


ー本記事は「チョイビズ会員」限定メールマガジンからの転載です



会社員の方も事業主の方も、「複業」が当たり前になる時代。

 

クラウドワークスやランサーズ、ココナラといったオンラインの案件紹介サービスは以前からありましたが、ここ数年、さらにその数を増しているように感じます。

 

実は私も昨年末くらいからオンラインマッチングを活用しています。実際に案件を取れているものもあるので、サラッとですがシェアしたいと思います。

 

◼︎サンカク


「成長企業に参画しよう」がキャッチフレーズのサービス。リクルートが運営しており、時に企業とのやり取りも同社がバックアップしてくれるので安心です。

 

募集分野はクリエイティブ・デジタルマーケティング・営業の支援、はたまたプロジェクト統括までさまざま。

 

サンカクの定義する成長企業は“きらりと光る技術を持つ中小企業”といったところで、ローカル企業の役に立ちたい! という人にオススメです。報酬は請け負い型で月額5万円程度〜。

 

「サンカク」

 

◼︎複業クラウド


こちらも募集分野はさまざまですが、サンカクに比べると都会のスタートアップ・大手企業や地方自治体などよりスケールの大きい案件が多いです。DX推進など先端分野の支援も充実しています。

 

案件の多種多様さには目を見張るものがあり、スキルアップにもってこいのサービスといえます。

 

「複業クラウド」

 

◼︎SOKUDAN


SOKUDANは体感的に都市圏のスタートアップ企業の支援案件が多く、フルリモートで望める仕事が充実しています。

 

今まさに成長している企業の支援ということもあり今回紹介する中ではもっとも報酬額が高いです。その反面、求められるスキルも高いレベルを求められる印象です。

 

社員登用も見込める案件が多いので、経験を積んでステップアップしたいという転職層にニーズが高そうです。

 

「SOKUDAN」

 

◼︎ふるさと兼業


「ふるさと」と名のつく通り、地域に関わる案件が多いのがこちら。地元に関わらず、自分の能力を地域活性化に役立てたいという人にはやりがいのあるサービスだと思います。

 

ニッチで非常にユニークな仕事が多いのですが、案件の絶対数が多くない印象。複業探しのメインとして使うにはいまひとつなので、他のサービスとかけ合わせながらチェックするといいでしょう。

 

「ふるさと兼業」

 

◼︎Skill Shift


Skill Shiftも地域企業の支援に特化したマッチングサービスです。

 

募集分野が多岐に渡り、プロジェクトマネジメントからPR・勤怠支援、クリエイティブ分野まで実にさまざま。スキルベースというよりもプロジェクトベースで気になる案件を見ていくといいでしょう。

 

一方で報酬額は1案件1〜2万円からと安いため、アルバイト感覚や実績を積むための活用が無難そう。行政の支援が入っているので安心できるサービスではあります。

 

「Skill Shift」

 


私がよく活用しているのはサンカク。中小企業支援が自分の肌に合っているからだと思いますが、今のところ2案件ほど関わっています。

 

案件獲得の打率は、私の場合で3件に1件程度というところ。どのサービスも、プロフィールさえ作り込んでおけば応募自体はクリック1つなのでチャレンジはカンタンです。

 

特に収入アップはもちろん、いろいろな仕事に関わって知見やスキルを高めたいという方はぜひ複業サービスを活用してみてください!



チョイビズにもマッチングサービス、あります


チョイビズでは、プロフェッショナルスキルを持つ人とお困りごとがある人をマッチングさせる『チョイビズプロ名鑑』をスタートさせました。


多ジャンルの専門家が続々登録中です。本記事執筆時点で、12名の方がご登録されています。


『チョイビズプロ名鑑』はあくまで地域・リアルに根差したサービスなので、お仕事の創出はもちろん、ユーザー様同士のコラボ機会の提供なども積極的に行っています。


興味ある方はお気軽にお問い合わせくださいね。


『チョイビズプロ名鑑』サービスページ


最後までお読みいただき、ありがとうございました。

閲覧数:55回0件のコメント

Comments


bottom of page