top of page

【作業場所だけじゃない】コワーキングスペースの意外な活用アイデア5選

更新日:2023年4月26日



「チョイビズ」スタッフの大鹿です。


香川県高松市でコワーキングスペース「チョイビズプラザ」で管理人をしています。


コワーキングスペースは一般的に、オフィススペースをシェアして作業を行う場所として知られていますが、実はほかにもさまざまな活用方法があります。


そこで今回は、コワーキングスペースの意外な活用アイデアを5つ、ご紹介します。


「こんなことをしてみたいけれど、場所に困っていた」というあなた。コワーキングスペースを利用すれば解決するかも? ぜひ、参考にしてくださいね。


イベントスペースとして活用


コワーキングスペースは、通常のオフィススペースとしてだけでなく、イベントやセミナー、ワークショップなどを開催する場所としても利用できます。


会場を探す手間を省き、簡単にイベントを企画できるので、意外な活用方法としておすすめです。


勉強会やコミュニティ形成の場として活用


セミナーや勉強会を開催することで、参加者同士が知識や情報を共有し、新しいビジネスチャンスやコラボレーションが生まれることがあります。


たとえば、プログラミングやデザイン、語学など、同じ趣味や興味を持つ人たちが集まれば、参加者が互いに知識を共有しながら学び合うことができます。


定期的に開催することでコミュニティを形成することができ、メンバー同士のつながりや協力関係を深めることにもなります。


コワーキングスペースでの交流を通じて、自分のスキルや知識を広げることができるでしょう。


リモートワークの集中スペースとして活用


コワーキングスペースは、自宅でのリモートワークに集中できない場合や、効率的に仕事を進めたい場合にも活用できます。


自宅ではなく専用のワークスペースで仕事をすることで、集中力と作業効率を高めることができます。


また、他の利用者との交流を通じて、新たなアイデアや刺激を得られることもあると思います。


ポッドキャストや動画制作のスタジオとして活用


コワーキングスペースは、ポッドキャストや動画制作に適した環境を提供していることがあります。


静かなスペースや専用の機器を利用して、ポッドキャストの録音や動画撮影を行うことができます。


また、他の利用者との交流を通じて、ゲスト出演者や共同制作者を見つけることもできるでしょう。


メンタリングやカウンセリングの場として活用


ビジネスやキャリアに関するメンタリングやカウンセリングを行う場としても活用できます。


コワーキングスペースには個室がある場合がほとんどですから、相談室のように活用すれば、メンターやカウンセラーがクライアントと会う場所にできます。


クライアントとしても、普段とは異なる環境でメンタリング・カウンセリングを受けるわけですから、気分をリフレッシュして望むことができます。クライアントの成長をいっそう促すことになるはずです。


まとめ


コワーキングスペースの価値は、単なるオフィススペースの提供だけではありません。


施設によって向き・不向きはありますが、運営者まで気軽に「こんなことはできますか?」と聞いてみるといいでしょう。


当チョイビズプラザでも、大半のことが可能です。私も、1人でいる時間にサクッとポッドキャストを収録することがありますし(笑)。


特に、地方になるとあちこち活動場所を探すのは大変ですよね。コワーキングスペース1つであなたのやりたいことができれば、コスパ・タイパともに高めることができます。


ぜひ、コワーキングスペースをフル活用してみてください!



 

チョイビズプラザは、香川県高松市の住宅街・木太町にある静かな居室型コワーキングスペースです。「集中して仕事や勉強をしたい」というあなたに、“止まり木”となる空間を提供します。


市街地のコワーキングスペースにはあまりない、無料駐車場があるのも特色です。


ぜひ、お越しくださいね。


最後までお読みいただき、ありがとうございました。


閲覧数:61回0件のコメント

Comments


bottom of page